PMSの症状を知ってトラブルを避ける|生理前のストレスフリー

女性

女性特有の不調

サプリメント

生理前になると気持ちが滅入ってしまう、落ち込んでしまう、イライラしてしまう、憂鬱な気持ちになってしまう、お腹が痛い、頭が重くなってしまうといったことに悩んでいる女性は多くいます。そんな生理前に起こるトラブルをPMSと言います。PMSは、月経前症候群のことです。生理痛や更年期障害と比べてもPMSは認知度は低く、なぜ、いつも生理前に体調が悪くなるんだろうとPMSを知らずに悩んでいる人もいます。そんなPMSは、人によっても月ごとによっても症状の重さや軽さも異なります。症状は、200種類以上あると言われており、様々な不調を訴えているのです。また、PMSは、ホルモンの影響で起こっています。月によって、人によって症状の重さも異なるのはライフスタイルの違いなどと左右されます。例えば、働きすぎでなかなか十分な睡眠がとれなかったり、ストレスがたまってしまうと症状は重くなりがちです。また、律儀で真面目、几帳面、負けず嫌いといった性格の方は症状が重くなりがちです。そして、食べ物の好みによっても左右されるのです。カフェインやアルコール、タバコを好む人、暴飲暴食や栄養バランスの悪い食事が続くと症状も重くなります。そして、風邪など免疫力が落ちていると症状は重くなるのです。その時の生活によって大きく症状の重さが異なってくるので注意が必要です。

現在、PMSで悩んでいる人は、特に何も対処していない人も多くいます。一人で悩んでいる人もいます。また、ひどい場合、イライラしたり、憂鬱になったりする場合、PMSであることをわからずに内科などに受診している人もいます。産婦人科などの医療機関が今後、PMSに対して、今まで以上に啓蒙していくと予測されます。PMSを知ることで、女性は、なぜこんな症状が起きてしまうのかがわかることで医療機関に受診もしやすくなるのです。そのため、ファッション誌や健康雑誌、女性誌などで特集が組まれたり、情報番組で取り上げられたりすることで、より多くの人たちに認知されることでしょう。また、PMSは精神的な症状が多く現れるため、産婦人科だけでなく精神科や心療内科などでも同様の治療を受けることができます。心を安定させることに関しては心療内科などの方が知識が多いため、いらいらが収まらなかったり、不安が大きかったりといった心の症状には心療内科などの受診もおすすめできるでしょう。また、女性だけでなく、男性もPMSに理解することが大切になってきます。そして、医学の進歩とともに、どうやってPMSと向き合っていくのか、また、効果のある医薬品などもより良いものが次々と開発されることでしょう。そして、多くの女性は、PMSを知ることで、自分の体調に対して、より良い方向になるように色々と考えていくことでしょう。そして、生理痛や更年期障害と同様に認知度もあがっていくことでしょう。

月経前の症状

女性

PMSは月経前に表れる不快な症状で、身体的だけでなく精神的にも不安定になってしまいます。今は産婦人科での治療だけでなく、精神科や心療内科でも診てもらえるので、精神的な症状が気になる人にとっては安心です。女性の体を守っていくためにも、症状が表れたらなるべく体を休めるようにしていきましょう。

Read More...

生理前のイライラ

女性

PMSは月経前症候群と言い、症状の種類が200以上あるということもあり、多くの女性がこの病気に悩まされています。これが悪化したものとしてPMDDが挙げられ、抑うつに近い症状があるとこれの疑いが高いです。

Read More...

辛さのを改善

サプリメント

PMS(月経前症候群)は、まだ認知度の低い病気で「仕方のないこと」と諦めて我慢している女性が多いのが現状です。しかし現在では、PMSの症状を軽減もしくは改善させる薬などもあることから、生理前でも女性がもっと快適に開放された時間を過ごすことが可能になっています。まずはPMSを知ることから始めましょう。

Read More...

月経前の悩み改善には

女性

月経前にイライラしたり体に不調が現れるのをPMSと言います。月経が始まると消えていきますが、生活の質を落とす困ったものです。健康的な生活習慣やPMSを緩和する食べ物を摂ることが予防・改善に有効です。また対策としてサプリの摂取も効果的です。

Read More...